小学生のタブレット学習比較。RISU算数vsZ会タブレット!

RISU算数とZ会のタブレット学習が気になるけど、うちの子にはどっちがいいのかわからない…
タブレット学習を色々な会社が出していますが、RISU算数とZ会のタブレット学習で迷っている方がいるようです。

どちらも算数の力が付くことは間違いない教材ですが、それぞれどんな子に合うかに違いがあります。

我が家ではRISU算数もZ会のタブレット学習も、どちらも実際にやって確認しました。

今回は

  • RISU算数とZ会タブレット学習の比較
  • それぞれのタブレット学習がどんなタイプのお子さんに合うか

を説明します。

簡単に言えば

  • RISU算数は公文式に近い
  • Z会は進学のための学習塾に近い

と思ってください。

お子さんに合うものを選んで、算数の力を伸ばしてあげてくださいね!

※RISU算数は当サイトからお申し込みの場合、1週間のお試しができます!

こんなお子さんにおすすめ
  • 算数の基礎力をがっちりつけたいならRISU算数
  • 学校の成績をあげたい・中学受験を考えるならZ会
POINT
  • RISU算数は算数だけ。Z会は6教科。
  • RISU算数はやりたい分だけすすめられる。Z会は月ごとに進む。
  • RISU算数は大学生の先生の動画配信。Z会は担任が付く。
  • RISU算数は専用タブレット。Z会はiPad。
  • RISU算数は退会後も使える。Z会は使えなくなる。

RISU算数とZ会タブレット学習の比較

RISU算数とZ会のタブレット学習には、いくつが違いがありますが、まずは大まかに比較してみます!

RISU算数Z会
勉強できる科目算数のみ国語
算数
理科
社会
英語
総合学習
すすみ方学年や月に関係なくどんどん進められる学校の進み具合に合わせて教材が毎月更新される
サポートしてくれる人大学生の先生
(自動配信動画)
担任
(月に1回文面での面談)
専用タブレットありなし

勉強できる科目や進み方が違う

まずRISU算数とZ会のタブレット学習では、勉強できる科目と進み方が違います。

  • RISU算数:算数のみをやりたい分だけ
  • Z会:国・算・理・社・英・総を学校に合わせて

RISU算数

算数だけを、学校の進み具合や学年関係なしにどんどん進めていくスタイルです。

たとえば今3年生でも、3年生の範囲を勉強し終えてしまったら、4年生の範囲、5年生の範囲にもどんどん進めていけます。

6年生の範囲が終わると、中学受験対策や、中学で習う数学の範囲も勉強できます。

基礎問題が数字や形式を変えて何度も出題されますので、しっかり基礎が固まりますよ。

RISU算数の詳細を見る

Z会

主要の5科目+総合学習を、学校のペースに合わせて進めていく形です。

よくある通信学習と一緒で、毎月新しい講座が増えていきます。

問題形式はドリルをそのままタブレット学習にしたような形で、解説→実践問題→スペシャル問題という形で進んでいきます。

スペシャル問題は理解度に合わせて出題されます。

  • 実践問題で間違いが多かった場合:基礎問題
  • 実践問題がほぼ満点だった場合:応用問題

基礎が身についているか不安な子はしっかり基礎固めができるし、成績を伸ばしたい子はどんどん応用力が付く、という形なので確実に力が付きます。

Z会の詳細を見る


  • RISU算数は学年関係なく、算数の基礎力をがっちりつけたい子向け
  • Z会は学校の成績をあげたい子・中学受験を考えている子向け

サポートしてくれる先生が違う

RISU算数とZ会ではサポートしてくれる先生が違います。

  • RISU算数:大学生の先生(自動配信の動画)
  • Z会:担任(月に1回文面での面談)

RISU算数

特定の単元をクリアすると、大学生の先生が解説をしてくれる『先生動画』が送られてきます。

今まで勉強したところをさらに詳しく説明してくれたり、これから取り組む単元の解説をしてくれるものです。

これは一人一人に合わせて撮られているのではなく、元々撮影されていたものが進み具合に合わせて送られてきています。

先生動画は何回も繰り返し見られるので、苦手な所は何回も見るといいですよ!

RISU算数の詳細を見る

Z会

Z会では、一人一人に1年を通じて担任の先生が付きます。

担任の先生には

  • いつどの単元の勉強をしたか
  • どこまで進んだか
  • どこで間違えたか
などのデータが送られています。

それに基づいて、月末になると先生からアドバイスのメールが届きます。

面談の流れを見る

アドバイスのメールは定型文ではなく、ひとりひとりに合わせて書かれたものです。

困ったことや相談したいことをお返事に書くと、きちんと答えてくれますので、困ったことがあったら月末の面談で相談するようにしてください。

Z会の詳細を見る

専用タブレットの有・無

タブレット学習には、専用タブレットがあるものとないものがあります。

  • RISU算数:専用タブレットがある
  • Z会:専用タブレットがない(iPadを使う)

RISU算数

アンドロイドにRISU算数をインストールしたものが専用タブレットとして送られてきます。

タブレット代はかかりません。無料です。

専用タブレットではRISU算数しか使うことができず、他のアプリを入れることはできません。

他のアプリが入れられないと聞くと不便に感じるかもしれませんが、勉強をしないで他のゲームのアプリで遊ぶ心配がありません。

専用タブレットがあることで、お子さんが他の誰にも気を遣わず、好きな時に勉強ができるというメリットがあります。

RISU算数の詳細を見る

Z会

Z会はiPadにアプリをインストールして使います。

iPadを持っていないなら、Z会経由で買うと普通に買うより少し安く買えます

手元にiPadがあれば、申し込んで会員番号などが届けば、タブレットが届くのを待つことなく使えるのでいいですね(^∀^)

ただし他のアプリも簡単に使えてしまいますので、勉強せずに遊んでいないかチェックしておく必要があります。

Z会の詳細を見る

RISU算数とZ会の料金比較

ブタの貯金箱

タブレット学習を始めるにあたって、気になるのが料金ですよね。

RISU算数とZ会の料金を比較してみました。

RISU算数Z会
入会金0円0円
1年生基本使用料2980円+
利用料金(下で説明)
サービスなし
2年生
3年生5910円~
4年生6,420円~
5年生6,930円~
6年生7,440円~

※Z会は支払方法(12か月一括、6か月一括、毎月払い)によって金額が変わります。

RISU算数の利用料金について

RISU算数は学年や月に関係なく、好きなだけすすめられる学習教材です。

そのためどれだけすすめたかによって、利用料金が変わってきます。

利用料金の例を挙げてみますね!

ひと月で進んだ量利用料金ペース
1ステージ未満0円ゆっくり
1.2ステージ980円学校と同じくらい
1.7~2ステージ未満2,980円学校の1.3~1.5倍速
2.5ステージ5,480円学校の1.9倍速
3ステージ以上8,960円
(上限金額)
学校の2.3倍速以上

大体のお宅は子供一人当たり、基本料金+利用料金でひと月あたり4,000円~6,000円ほどでおさまると思いますよ(^∀^)

RISU算数の詳細を見る Z会の詳細を見る

退会した後どうなるか

もう一つ気になるのが、退会した後教材がどうなるか、ですよね。

せっかくお金を払って利用していたものだから、復習で使えるといいな…
ほとんどの方はこう思うと思います。

それぞれの教材がどうなのか説明しますね。

  • RISU算数:今までやった分の教材はそのまま使える
  • Z会:利用できなくなる

RISU算数

専用タブレットは、もらったものですから返す必要はありません。

退会した後新しく進めることはできませんが、今までやった問題のデータは残っているので、そのまま復習に使えます。

上の子が使ったものを、下の子が使うこともできそうですね!

RISU算数の詳細を見る

Z会

Z会は、アプリに会員番号とパスワードを入れてログインして使います。

退会したら会員番号とパスワードが使えなくなりますので、ログインできなくなります。

ですので退会後は今まで勉強した教材が見られず、復習には使えません

せめてやった分の教材だけはみられるといいのになぁと思います。

Z会の詳細を見る

RISU算数とZ会のタブレット学習の比較まとめ

POINT
  • RISU算数は算数だけ。Z会は6教科。
  • RISU算数はやりたい分だけすすめられる。Z会は月ごとに進む。
  • RISU算数は大学生の先生の動画配信。Z会は担任が付く。
  • RISU算数は専用タブレット。Z会はiPad。
  • RISU算数は退会後も使える。Z会は使えなくなる。
最初にも言いましたが

  • RISU算数は公文式に近いもの
  • Z会は学習塾に近いもの
と考えて、どちらがいいかを選ぶと失敗しづらいと思いますよ!

迷ったら両方やってしまってもいいと思います。

あうものを選んで、お子さんの力をがっちりつけてあげてくださいね!

こんなお子さんにおすすめ
  • 算数の基礎力をがっちりつけたいならRISU算数
  • 学校の成績をあげたい・中学受験を考えるならZ会
※RISU算数は、当サイト限定のクーポンコード『haha07a』を入れると、1週間のお試し期間が付きます!